グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 当院について  > 余熱利用高温水導管の更新工事を行います。

当院について

余熱利用高温水導管の更新工事を行います。

稲城市役所より稲城市立病院前工事のお知らせです。


多摩川衛生組合清掃工場では、ゴミ焼却熱で発生した蒸気の一部を130℃の高温水へと熱交換し、専用の高温水導管を利用して、稲城市立病院やオーエンス健康プラザへ供給しています。稲城市立病院では、この高温水を熱源としまして病院内の冷暖房や給湯に利用することにより、都市ガス使用量の削減を図っている重要な施設となっております。
 平成28年2月にこの高温水導管のうち、市立病院前の通路に埋設されています一部から漏水が発覚し、応急的な措置といたしまして仮配管によります修繕をいたしましたが、市役所では今後も長期間、安全で安定した熱供給を行うために、本工事の施工を実施することになりました。
本工事に伴い、稲城市立病院をご利用される皆さまにおかれましては、大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解、ご協力を賜わりますようお願いいたします。
【工事期間】 平成31年1月7日(月)~平成31年3月29日(金)       
【問合せ先】 稲城市役所 都市建設部 土木課 道水路工事係
       TEL:042-378-2111(内線333)
  ※病院内の交通規制内容は、院内のポスター、チラシ、下記PDFファイルをご覧く
    ださい。

稲城市立病院への来院者様へ