グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 当院について  > 患者さんの権利と責務

当院について

患者さんの権利と責務

患者さんの権利と責務についてのご紹介です。


稲城市立病院では、患者さんと病院職員との信頼関係を築き、かつ、良質で開かれた医療を目指すことを目的として9項目にまとめた「患者さんの権利と責務」を制定しました。
  • 患者さんは、どなたも、どのような病気の場合も、必要な医療を平等かつ公平に受けることができます
  • 患者さんは、検査、治療、看護の内容および病状経過などについて、理解できる言葉で説明を受けることができます
  • 患者さんは、十分な説明と情報を受け、納得のうえ自分の意志で医療を選ぶことができます
  • 患者さんは、治療について他の医療機関に意見(セカンドオピニオン)を求めることができます
  • 患者さんの、医療上および個人的な秘密は守られます
  • 患者さんには、研究途上にある治療を受ける場合、治療内容について、前もって十分な説明がおこなわれます
  • 患者さんには、人間としての尊厳を尊重されながら医療を受ける権利があります
  • 患者さんは、正しい診断・治療を受けるため、ご自身の健康に関する情報を正確に提供する責務があります
  • 患者さんは、お互いの療養生活を守るために定められた諸規則を守る責務があります