グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 特色・取り組み  > 第三次稲城市立病院改革プラン(平成29~32年度)

特色・取り組み

第三次稲城市立病院改革プラン(平成29~32年度)

 平成29年度からの4年間の経営の基本となるべき、第三次稲城市立病院改革プランを策定しました。


 平成27年3月31日付で総務省は新公立病院改革ガイドラインを公表しました。
 この中では、前ガイドラインの柱とされた1.経営の効率化、2.再編・ネットワーク化、3.経営形態の見直しに加え、4.地域医療構想を踏まえた役割の明確化の4つの視点で、公立病院改革を推進する計画を策定することが示されました。特に4では、稲城市立病院が公立病院として果たすべき責務、地域医療構想や地域包括ケアシステムでの役割を明確にすることが求められています。
 第二次稲城市立病院改革プランは平成27年度で終了しましたが、平成28年7月に東京都地域医療構想が策定されたことを踏まえ、来るべき平成37年度において稲城市立病院が急性期の公立病院として存続できるように、「2025年稲城市立病院ビジョン」を明記した新たな改革プランを作成し、平成29年度からプランをスタートさせます。

                                                          平成29年3月
                                                            院長  松 﨑  章 二