グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 特色・取り組み  > 守ろう市立病院・新型コロナ対策医療支援寄付

特色・取り組み

守ろう市立病院・新型コロナ対策医療支援寄付

 稲城市立病院では、新型コロナウイルス感染の疑いがある患者を受け入れるにあたり、院内感染が発生しないよう最大限の安全を確保してきました。この結果、感染防止のための費用がかかる一方で、コロナ専用病床の設置により、一般病床数が減少し、入院患者数も減少したことで、医業収益は大きく減少しています。市民の皆さんに安全安心な医療サービスを提供し続けるためにも、温かいご支援をお願いします。


寄付金の使い方

市立病院の運営、新型コロナに対応する職員への給料・手当や、係る諸経費等に活用させていただきます。

寄付金の申し込み

QRコード

インターネットからお申込み
 下記、URLまたはQRコードよりお申込みください。
 クレジットカードやネットバンキングを使って寄付を行えます。

 キフフォーム  https://kifu.fm/inagihp/

窓口でお申し込み
 「寄付申込書兼領収書」に必要事項を記入のうえ、稲城市立病院管理課にご提出ください。

 稲城市立病院 3階 管理課
 電話:042-377-0931 内線3230

寄付金の受け入れの制限

  1. 特別な利害関係が生じるおそれがあると認められるもの
  2. 諸条件付きの寄付

寄付金の税法上の優遇措置

【寄付者が法人の場合】
  • 当院への寄付は、法人税法の規定により、寄付金の全額が損金に算入されます


【寄付者が個人の場合】
  • ふるさと納税の対象となります。寄付金の入金確認後、確定申告時に必要となる「寄付金受領証明書」を送付いたします

ご寄付された方のご意向をお伺いしたうえで、市議会に報告するとともに
当院ホームページに掲載させていただきます。