グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科紹介  > 皮膚科

診療科紹介

皮膚科

皮膚科のご紹介です。


医師紹介

氏名役職・資格診療内容及び専門分野
三宅 亜矢子皮膚科部長
  • 日本皮膚科学会認定専門医
皮膚科一般、アレルギー、自己免疫疾患、薬疹、
皮膚外科
北原 博一皮膚科専修医皮膚科一般
豊島 進非常勤医師皮膚科一般
田中 諒非常勤医師皮膚科一般
柳澤絵里加非常勤医師皮膚科一般

診療内容・特徴

皮膚科は常勤医1人、専修医1人、非常勤医師3人を有し、稲城市内のほか多摩市、府中市、調布市、日野市、八王子市、川崎市北部など広い地域の患者さんを受け入れ、地域の中核病院としての機能を担っています。周辺のクリニック・病院との連携に力を入れ(病診連携)、多数の患者さんをご紹介いただいております。当院で治療を行い、症状が改善したときには、近隣のクリニックへのご紹介も承ります。
具体的な治療・検査のご希望については担当医と直接面談、診察の上で方針を決定しておりますのでまずは通常の外来を受診していただくようお願いいたします。

入院加療

全身性の皮膚疾患や、慢性疾患の急性増悪、帯状疱疹、蜂巣織炎・丹毒などの感染症、手術、化学療法(抗がん剤)などは、確実な治療を行い患者さんの負担を和らげるために、積極的に入院して原因検索・治療をおこなっています。

皮膚外科手術

ほくろ、いぼをはじめとする皮膚のできものに対する手術を積極的に行っております。比較的大きい腫瘍でも入院、全身麻酔による手術で対応し、皮膚の移植による再建、皮弁形成術などの形成外科的手技も行っています。
最新のスキャナ機能付炭酸ガス(CO2)レーザーを備えており、なるべくきれいな傷に仕上がるよう、症例によって最適な方法を選択します。

皮膚生検(予約制)

臨床診断が不明または不確実である場合や疾患の病因が不明な場合、腫瘍の病変の広がりを確認するためなどに随時おこないます。

パッチテスト(予約制)

アレルギー性接触皮膚炎の原因を確認する手段として、最も確実な検査です。化粧品や金属アレルギー、家庭工業用品など、身の回りのさまざまなアレルギーを起こす物質について、約1週間かけて検査をおこなっています。

光線療法(予約制)

光線療法(デルマレイ)

光線療法(デルマレイ)

光線療法(デルマレイ)
紫外線(UVB、UVA)を用いて、尋常性白斑(しろなまず)、乾癬、類乾癬、紅皮症、皮膚悪性リンパ腫などを対象に治療を行います。一度で全身に照射が可能な大型の治療機を導入しております。

レーザー療法(予約制)

当院では以下の治療機を用いています。治療費は疾患と治療回数に応じ、自費診療となります。
・ QスイッチYAGレーザー・・・太田母斑(青あざ)、扁平母斑など
・ ロングパルスアレキサンドライトレーザー・・・レーザー脱毛
・ 炭酸ガスレーザー・・・主に良性腫瘍の切除、炎症を起こした巻き爪など (主に保険適応)
・色素レーザー・・・血管腫(あかあざ)(保険適応)

左:YAGレーザー
右:脱毛レーザー

なお、YAGレーザーは老人性色素班(しみ)、外傷性入れ墨などにも効果がありますが、現在事情により行っておりません。

巻き爪治療

超弾性ワイヤーを用いて切らずに治す治療を行っています。治療には爪の状態など施行条件がありますので、詳しくは担当医にお尋ねください。

手術・治療実績

手術(平成25年度)

総件数 660件(うち入院手術 170件)
麻酔別   全身麻酔55件良性腫瘍摘出術510件
局所麻酔510件悪性腫瘍摘出術40件
そのほか95件悪性黒色腫5件(センチネルリンパ節生検 2件)
血管腫治療(色素レーザー)88件基底細胞癌12件
植皮・皮弁形成15件有棘細胞癌15件
そのほか10件乳房外パジェット病4件
ボーエン病4件

専門外来