グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科紹介  > 小児科

診療科紹介

小児科

小児科のご紹介です。


小児科プレイルーム

小児科で入院するお子さん用のプレイルームを用意してあります

幅広い小児科ニーズに応えられるよう外来、病棟ともに配備され、専門外来として腎臓、心臓、小児神経をおこなっています。
病棟は一般小児科(5西)、新生児・未熟児(6東)で入院を受け入れています。

1.医師紹介

氏名役職診療内容及び専門分野資格
長谷川 廉小児科部長小児科一般
新生児
  • 医学博士
  • 日本小児科学会認定 小児科専門医
高畠 和章小児科医長小児科一般
小児循環器
  • 日本小児科学会認定 小児科専門医
中野 瑛子小児科医員小児科一般
小児神経
  • 日本小児科学会認定 小児科専門医
田中 佐門小児科医員小児科一般
  • 日本小児科学会認定 小児科専門医
北見菜々恵小児科専修医小児科一般
柴田 典子非常勤医師発達外来
羽田伊知郎非常勤医師腎臓外来・
経過観察外来
田中 紀子非常勤医師内分泌外来
  • 日本小児科学会認定 小児科専門医
小松裕美子非常勤医師神経外来
  • 日本小児科学会認定 小児科専門医
  • 日本小児神経学会認定 小児神経専門医

2.診療内容

  1) 外来
 0歳児から中学生までのお子様の診療を行っております。一般感染症からアレルギー疾患、循環器疾患、内分泌疾患、てんかん、発達相談、腎疾患、胃腸症状、乳児検診および学校検診の精査、乳児検診、予防接種などを行っております。受診の際は、初診や急性期のお子様は平日(月〜金曜日)午前中の一般外来(予約なしの外来:一部予約もあります)をご利用ください。慢性疾患の経過観察や定期検診などは、原則午後の予約専門外来で診療致します(専門外来についてはこちらをご覧ください)。担当医のご希望がある場合には、小児科外来窓口でお申し出ください(外来医師担当表についてはこちらをご覧ください)。午前外来は3名の医師で行っております。担当医全員で対応し、待ち時間を減らすよう努力しておりますが、混雑状況によっては待ち時間が長くなることもございますのでご了承ください。午後の急患や、夜間・休日の急患に対しては、救急外来で診療を行っております(受診ご希望の際には事前にお電話ください)。
  2) 入院
 一般の小児入院患者さんは、5階西病棟(混合病棟)に入院します。集中治療が必要な場合や高度な専門治療が必要な場合は、当院から近隣の小児専門病院へ紹介転院搬送を行っています。可能な限り受け入れさせて頂きますが、入院ご依頼の際には事前にお電話ください。また、当院でお生まれになった新生児については、全員に小児科医師が診察を行い、必要に応じて直ちに入院処置を行っています。緊急で専門治療が必要な新生児は、近隣の専門施設に紹介転院搬送を行います。またご希望があれば、新生児AABR検査を受けることが可能です。一般病棟の入院患者さんについては原則主治医制ですが、主治医以外の医師も病状を把握し、主治医不在の場合でも他の小児科医が対応できる体制をとっています。
 また、6階新生児病棟は在胎34週からの早産児の入院を取り扱っております。

3.対象疾患

 お子様の様々な症状に対応いたします。例えば、発熱、咳、鼻水、ゼェゼェする、吐き気、嘔吐、下痢、便秘、血便、腹痛、頭痛、血尿、めまい、お肌のブツブツ、できもの、はれもの、動物に咬まれた、誤飲、けいれん、ふるえ、意識がない、元気がない、顔色が悪い、チック、おねしょ、おもらし、体重減少、体重がなかなか増えない、身長が小さい、言葉が遅い、成長・発達のご相談、乳児検診や心臓検診、学校検尿でひっかかった、予防接種のご相談など承っております(下の表をご参照ください)。
各種急性疾患気管支炎、肺炎、じんましん、胃腸炎、腸重積、川崎病など、様々な急性疾患に対応しています
アレルギー疾患食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、気管支ぜんそく、花粉症、アレルギー性鼻炎、アナフィラキシーなどに対応しています
循環器疾患心雑音、不整脈、川崎病後の経過観察など、学校心臓検診後の対応など
神経疾患熱性けいれん、てんかん、その他の神経筋疾患
内分泌疾患糖尿病、低身長、思春期早発、甲状腺疾患など
腎疾患ネフローゼ、腎炎(急性・慢性)、夜尿症、頻尿症、学校検尿後の対応など
その他心身症、早産児の成長発達
予防接種三種混合(DPT)、四種混合(DPT-IPV)、BCG、不活化ポリオ(IPV)、ヒブ(Hib)、小児肺炎球菌(PCV7)、二種混合(MR: Measles and Rubella)、日本脳炎(Japnese encephalitis)、子宮頸癌(ヒトパピローマウイルス: HPV)、水ぼうそう(Varicella)、おたふく(Mumps)、インフルエンザ(Influenza)、 B型肝炎(Hepatitis B)、ロタ(Rota)、二種混合(DT)、23価肺炎球菌多糖体ワクチン(PPSV: Pneumococcal Polysaccharide Vaccine)、シナジス
リンク:日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール(PDF) 2012年11月1日
版 

4.外来担当表

5.専門外来

6.診療実績

平成25年度(25年4月~26年3月)

  • 1日平均外来患者数:51.8名

  • 時間外受信総数:2247名

  • 入院総数:新生児 400名(うち204名は経過観察や検査のための入院)
           一般小児科 328名

7.主な施設・設備

外来設備 診察室3室、処置室1室、吸入および吸引処置、酸素吸入、臍処置、点滴など
入院設備 5階西病棟;大部屋3室(4人部屋3室、2人部屋1室)、個室(差額)1室
6階東病棟; 新生児室、新生児入院室
検 査 各種血液検査、各種尿検査、アレルギー検査、骨髄検査、
溶連菌迅速検査、インフルエンザ迅速検査、アデノウイルス迅速検査、
超音波検査、心電図(負荷心電図、ホルター心電図含む)、
脳波検査、聴性脳幹反応検査(AABR、ABR)、呼吸機能検査、
X線レントゲン検査、CT検査、MRI検査、核医学検査(シンチグラフィー)、
静脈性腎盂造影検査DIP, 膀胱造影検査(VCUG)、注腸造影検査(腸重積)

8.夜間休日対応

 救急対応は、小児科医師1名で新生児を含む入院患者さんと救急外来診療を行っているため、重症対応などで一時中断することがありますが、夜間・休日を含めた24時間の診療体制を確保できるよう努めています。
 夜間・休日に受診をご希望の際は、事前にお電話でご確認のうえ受診いただくようお願いいたします。
 

 

(参考)救急受診の判断目安について、下記のサイトに掲載されています。
  リンク:こどもの救急(日本小児科学会)
 また、毎週1回準夜帯に稲城市医師会の開業小児科医師による小児夜間診療を行っています。
  リンク:地域連携 小児夜間・休日診療事業当番表