グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科紹介  > リハビリテーション科

診療科紹介

リハビリテーション科

リハビリテーション科の紹介です。


医師紹介

氏名
役職診療内容及び専門分野資格
髙山 昌子
リハビリテーション科部長リハビリテーション科一般
  • 医学博士
  • 日本リハビリテーション科学会認定 リハビリテーション科専門医
  • 義肢装具等適合判定研修会修了
  • 身体障害者福祉法第15条指定医
    (音声・言語機能障害、そしゃく機能障害、肢体不自由)
山田 深
非常勤医師リハビリテーション科一般
  • 日本リハビリテーション医学会認定 リハビリテーション科専門医

リハビリとは?

【Rehabilitation(リハビリテーション)の語源】・・・Re(再び)+ Habilitate(能力をもたせる)

リハビリテーション医療は病気やケガでいろいろな障害を持った人々に対して、その障害を可能な限り回復させ、残された能力を最大限に高めて、身体的・精神的・社会的に生きがいのある生活を送れるように援助します。
当院ではリハビリテーション医学会認定の専門医をはじめ、理学療法士、作業療法士、 言語聴覚士のスタッフによる急性期、回復期の総合リハビリテーションをおこなっています。
外来通院でのリハビリもおこなっています。

まずはお電話:042-377-0931(代表)でお問い合わせください。

【リハビリテーション科 スタッフ】

【リハビリテーション科 スタッフ】

施設基準

脳血管リハビリテーションI / 運動器リハビリテーションI / 呼吸器リハビリテーションI

対象疾患例

脳血管疾患

脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)、外傷性脳損傷、脊髄損傷、神経筋疾患など

病気に伴って起こる麻痺などの運動障害、しびれや痛みなどの感覚障害、認知障害、自立神経障害などのさまざまな症状に対し回復を援助し、生活能力を向上させるリハビリテーションをおこないます。

整形外科疾患

切断、骨関節疾患、関節リウマチなど

関節の可動域改善や筋力訓練、歩行練習や日常生活動作の練習をおこないます。必要に応じて装具や義足の作製もおこないます。

内科疾患

心臓疾患、呼吸器疾患、内部障害(糖尿病・腎不全など)

リハビリテーションによる心肺機能向上を図り、病気による体力低下を防ぎます。

外科疾患

開腹・開胸術後など

術後の早期離床を図り、スムーズに社会復帰できるように援助します。

その他

摂食・嚥下障害について評価・訓練を検討します。

各部門紹介

施設・機器紹介

運動療法室、作業療法室、言語療法室、ADL室、水治療法室、
筋力測定装置バイオデックス、重心動揺計、バイブラバス、頚椎・腰椎牽引やホットパック、超音波療法装置などの物理療法機器など。

バイオデックス

バイオデックス

重心動揺計

重心動揺計

リハビリテーション科の取り組み

患者様へのケアの質の向上のために看護師、看護助手、その他病院スタッフを対象に、介助方法などの研修を実施しています。
他にも栄養サポートチーム活動、褥瘡予防対策活動、病院内向け「リハビリニュース」の発行などチーム医療の充実と発展のために尽力しています。

理学療法部門の紹介です。


作業療法部門の紹介です。


言語聴覚療法部門の紹介です。