グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 部門紹介  > 看護部門  > 看護部 教育・研修プログラム

部門紹介

看護部 教育・研修プログラム

看護部の教育・研修プログラムのご紹介です。


看護部の教育・研修体制

 各自が継続的にレベルアップを図れるよう、臨床実践能力習熟度段階(以下クリニカルラダー)別の研修を企画し、支援しています。新人看護師教育は、厚生労働省新人看護職員研修ガイドラインに沿った研修を企画し、クリニカルラダーⅢ以上の経験豊かな看護師をプリセプターに立て、各自の進行状況に合わせて現場教育を実施しています。
 また、専門的な知識・技術を習得し、各学会認定や特定看護師、認定看護師等の育成に向けて積極的に取り組んでいます。看護業務の整理や看護ケアの拡大を行うために、看護補助者教育を充実させ、質の高い看護を提供できるよう努めています。

平成28年度看護部教育目標

臨床看護実践能力を高められるよう、看護実践、管理、教育、研究に必要な知識・技術・態度に関する学習の機会を提供し、看護実践レベルの向上を図る。
  1. エビデンスに基づいた看護を実践できる看護師を育成する。
  2. 自分の持てる力を精一杯発揮し、仕事に誇りを持つことができるような看護師を育成する。
  3. 病院の基本理念・看護部の理念に基づき、看護職員の知識・技術の向上と職能性を高め、自己の確立・能力の拡大を図る。

平成28年度 新人教育・研修

<一人一人が看護実践の中で臨床に必要な知識・技術を習得し、自らも学び成長する看護師を目指そう!>
当院の新人看護師教育は、厚生労働省新人看護職員研修ガイドラインに沿った研修体制を整備しています。

<研修プログラム概要>
プリセプターを中心とし、現場のスタッフが臨床の際必要な看護の基礎的知識や技術を習得できる指導体制となっています。段階的な基礎看護技術については技術チェック表を用い、集合・分散研修にて習得できるような支援ローテーション研修を実施し、内科・外科系の特徴を知り、幅広い看護実践への環境を調整、実践的な活動ができるよう支援しています。また、毎月振返り会を行い、新人同士の情報交換や現場での悩みなど、不十分な部分を補っています。

新人教育・研修(クリニカルラダーレベルI)目標

【看護実践】
  1. プリセプターの指導を受けながら、看護技術を安全・安楽に行える。
  2. チームメンバーとしての自覚を持って主体的に行動し、報告・連絡・相談が行える。

【管理】
  1. 病院の基本理念、看護部理念、病棟概要、看護目標、看護体制について理解できる。
  2. 自己が担うべき業務に対して積極的に取り組むことができる。
  3. 医療安全対策に関する体制やシステムを理解することができる。
  4. 業務上必要な各種システム、ルールなどが理解できる。

【対人関係】
  1. 社会人としての基本的な行動がとれる。
  2. 相手の理解を得、信頼され、好感を持たれる対応ができる。

【教育】
  1. 看護教育活動について理解でき、教育カリキュラムに則り教育を受けられる。
  2. 自己の看護観を確立することができる。

【倫理】
  1. 看護倫理に則り行動ができる。

研修内容

集合研修4月
入職時
部署に配置せず、1か月集合研修を行う。
<集合研修>
院内感染対策、安全対策、接遇、倫理、災害時の看護、フィジカルアセスメント、電子カルテの基本操作法、看護記録の方法、薬剤に関する基礎知識、静脈注射の基礎知識、輸液ポンプ・シリンジポンプの取り扱い、以上についてプリセプターが中心となり指導する。
<病棟研修>
病棟の雰囲気に慣れると共に、バイタルサインや食事介助等の見学や実施を行う。その他、病院の構造や部署の配置等を知るため、メッセンジャー業務体験や患者搬送を行う。
<静脈注射>
集合研修で静脈注射の知識や技術を習得した後、採血モデルを利用しトレーニングを行い、テストに合格後、臨床実践とする。
<新人看護師振り返り会>
毎月1回新人看護師の振り返り会を実施し、情報交換等を行い、知識や技術の共有を図る。
初期研修
振返りの会
5月<病棟研修>
期間は1か月とし、基礎看護技術を中心にチェックリストに沿って習得する。各部署の特性を知ることを目標とする。
後期研修
振返りの会
6月<所属別研修>
新人の所属部署を決定し、職場環境に慣れる。
レベルⅠでの看護技術の習得し、看護師像を明らかにしていく。
看護倫理、スキンケアについて学ぶ。
病棟配属
振返りの会
7月
 ~9月
心電図の基礎知識、救急カート・輸血の取り扱い、重症度、医療・看護必要度について学ぶ。
夜勤トレーニングを開始する。
10月
~12月
感染管理、看護倫理、自己開発研修
DVT(深部静脈血栓症)予防について学ぶ。
1月
~3月
事例発表会を開催する。
ローテーション研修により、所属部署以外での看護業務を経験することにより、基礎看護技術の習得を促進する。
さらに専門技術の習得を目指す。

看護部研修風景写真

その他の教育研修

レベルⅡ1. 看護体制について知識を得る。
 ①固定チームナーシングにおける、リーダー・メンバーについて学ぶ。
 ②プリセプターについて理解を深める。
2. スペシャリスト*の介入により、専門的な知識や技術を習得する。
 ①フィジカルアセスメントの能力を身に付ける。
 ②皮膚排泄についての基礎知識、技術を習得する。
 ③看護倫理について理解を深める。
 ④針刺し事故発生時の対応が分かる。
レベルⅢ1. 看護体制について理解を深める。
 ①固定チームナーシングについて学ぶ。
 ②臨地実習指導について理解を深める。
2. スペシャリストの介入により、専門的な知識や技術を深める。
 ①フィジカルアセスメント能力を活かす。
 ②皮膚排泄についての知識・技術を習得し、リーダーシップを発揮する。
 ③倫理的課題をリーダーとして問題提起できるようになる。
レベルⅣ1. 看護部の中核的立場としての役割を理解し、看護管理能力を向上することができる。
 ①自治体病院の役割・退院支援について・看護管理について学ぶ。
 ②自己研鑚ができ、それを業務に活かすことができる。
 ③特定看護師・認定看護師と連携してスキルアップができる。
副師長・主任1. 副師長・主任としての基本的な知識・技術・態度を習得できる。
2. リーダーシップを発揮し、自主性を持った行動をとることができる。
看護補助者看護ケアにおける安全・感染の知識や接遇を習得する。
全  体1. 臨床工学士による心電図・人工呼吸器などについての研修
2. BLS(一時救命処置)やACLS(二次心肺蘇生法)などの救急看護についての研修
3. 医療安全対策や院内感染防止対策の研修
4. 各部署主催の専門的な学習会
専門分野の支援体制糖尿病療養指導士等の学会認定や、認定看護師等のキャリアアップへの方向性について知ることができる。
*スペシャリストについて
当院にはスペシャリストとして、特定看護師、認定看護師(緩和ケア、皮膚・排泄ケア、感染管理、がん化学療法看護、透析看護)、リスクマネージャーがおります。

教育委員会

看護教育体制は、クリニカルラダーⅠ~Ⅳで振り分け行っています。
Ⅳからは、ジェネラリストから、さらに一歩進んだスペシャリストへの選択ができます。

キャリアパス

現在の各ラダーの状況

レベルⅡ研修風景

【レベルⅠ】
今年の新人は8名です。
4月の中央での集合研修を終え、定期的な研修と月1回新人の振り返り会を持ち、みんなで助け合いながら頑張っています。
5月病棟へ仮配属し、6月からは夜勤に入り、10月からは本配属となりました。
【レベルⅡ】
メンバーシップ・リーダーシップの研修を受け、日々のリーダー特訓中です。
【レベルⅢ】
リーダーシップスキルの向上をめざした研修や学生の実習指導者としての教育・新人教育について学び、実践中です。
【レベルⅣ】
6年目以上のスタッフで、キャリア開発やジェネラリストの育成のため、自己研鑽の研修企画やレベルⅠ~Ⅲに向けて研修を企画・実施しています。例えば:認知症研修・退院支援研修・災害看護研修・呼吸療法研修など・・です。

教育委員会より一言
 基本的な知識・技術・態度を習得し、正確で安全な看護実践ができように教育計画を見直しながら教育内容を考えています。

業務委員会

看護部の中で、基準や手順を作成し縁の下の力持ちとして日々活動しています。患者さんのよりよい入院環境・統一した安全なケアの提供に努めています。

取り組んでいる内容

患者さんに安全なケアの提供ができるよう手順・基準の作成・見直しを行うと同時に、各部署を見回りし、安全の第一歩である整理・整頓の状況確認も行っています。 また、看護師の業務をデータ化し、人員調整などにも役立てています。

業務ニュースを発刊し、職場には重要な整理・整頓・清掃・清潔の周知を行っています。定期的に行う事で、病棟の安全な業務環境に繋がっています。
ラウンドの成果で写真のように整理・整頓が行き届きました。

総務委員会

総務委員会では、地域に開かれた病院として看護体験や夏のボランティアの受け入れ、患者サービスの向上への取り組み、離職防止対策などの活動を行っています。

<活動内容>

*稲城市の中学生を中心に職場体験の受け入れをしています。
病院では、どのような職種の人が、働いているのかを「見て・聞いて・体験して」もらっています。
看護協会主催の看護体験では、「看護師の仕事を体験してみたい」と希望を持って参加された学生さんに、病棟体験をして頂いてます。

*夏休みボランティアの受け入れを行っています。
今年は36名の学生さんの応募がありました。
「病院の仕事に興味を持った」「楽しく体験できた」などの感想が聞かれました。
また患者さんからも感謝の言葉があり、良い時間を共有できたのではないかと思います。

*看護師復職支援研修の取り組みを行っています。
今年度は、9月と11月の2回の研修を行いました。

*看護職員・看護助手に、接遇研修を行っています。
病院に来る方が「気持ちよく過ごせるように」を心がけています。

*毎年12月には「ヒーリング・コンサート」を行い、入院患者さんに楽しいひとときを過ごして頂く時間を企画しています。

*看護職員に対しては、職務満足度調査を実施し、「働きやすい職場づくり」に取り組んでいます

接遇研修

ヒーリングコンサート