グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 部門紹介  > 看護部門  > スペシャリストの活動

部門紹介

スペシャリストの活動

現在、当院は特定看護師2名、認定看護師6名(緩和ケア1名、皮膚・排泄ケア1名、感染管理2名、がん化学療法看護1名、透析看護1名)、リスクマネージャー1名が積極的に活動しております。各分野の知識を活かし、看護の質のレベルアップに努めています。


特定看護師

【看護師 山村 若菜・村田 泉】

ナースプラクティショナー(NP)養成コースを修了し、特定看護師として2名が活動しています。
私達は、救急隊からの受け入れ要請に対し、該当する診療科や、重症度から受け入れの可否を判断し、診療科へ依頼する役割を担っています。今後も、当院独自の救急医療体制を展開していきます。また、看護職員へのフィジカルアセスメント指導も行っています。

山村 若菜

村田 泉

認定看護師

【緩和ケア認定看護師 吉原麗子】

吉原 麗子

「緩和ケア」というと、がん末期の終末ケアというイメージが強いですが、私の役割は生命を脅かす疾患を持つ患者さんやご家族が、苦痛や悩みに苦しめられることなくその人らしい生活が送れるよう支援することです。すべての疾患の診断期から身体的・精神的苦痛に対して介入し、治療・療養期まで切れ目のない支援を行っていきます。

【皮膚・排泄ケア認定看護師 和田 雅子】

和田 雅子

皮膚・排泄ケア認定看護師とは、傷の管理やストーマケア、スキンケア(肌の健康を守る)を専門とする看護師です。身体の中で一番面積の広い皮膚の健康を守ることは、患者さんの生活の豊かさに繋がります。褥瘡、オムツかぶれ、ストーマケアなど皮膚に関するトラブルや、患者さんへの対応で不安・お悩み等がありましたら、気軽に声をかけてください。

【感染管理認定看護師 板林 恵子・安部 恵子】

院内の感染防止対策をはじめ、サーベイランス(感染症に対する調査・監視)の実施、リンクナースの育成、また他の医療施設との連携を行っています。今後もICT(感染制御チーム)を中心に専門知識を活かし、院内で起こり得る感染のリスクを最小限に抑えるよう活動していきます。

板林 恵子

安部 恵子

【がん化学療法看護認定看護師 佐野木 光江】

佐野木 光江

患者さんが自分らしい生活を送りながら、確実・安全・安楽に治療が受けられるよう、薬の投薬管理を行い、副作用予防や対応などセルフケアが実践できるように支援しています。化学療法についてスタッフへの指導も行っています。

【透析看護認定看護師  笹川 幸江】

笹川 幸江

透析看護認定看護師は、腎臓の機能が低下した患者さんやそのご家族を対象に、生活習慣を見直しながら腎代替療法の選択を支援します。また、透析導入後は、安全で苦痛の少ない透析を提供しながら合併症の予防に努め、その人らしい生活の質が維持向上できるようチーム医療で支えていきます。

【慢性心不全看護認定看護師  石川 こうへい】

石川 こうへい

高齢化社会の進行のなかで、心疾患・心不全は日本人の死因第2位です。
今後も心疾患・心不全は増加傾向にあります。心不全の患者さんは軽快と増悪を繰り返し、入退院を繰り返すことが多いです。症状の安定した時期を長く維持するためには、自宅での内服や食事・水分のコントールが非常に大切です。
患者さんが自宅で充実した生活が送れるように、生活習慣の調整や退院支援を行っています。