グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科紹介  > 産婦人科  > 産科

診療科紹介

産科

産科のご案内

総合病院としてのメリットを活かし、安心・安全で快適なお産の場を提供いたします。
生まれたお子様は小児科医が丁寧に診察いたします。
分娩は自然分娩を基本としつつ、硬膜外麻酔による無痛分娩や、鎮痛剤による和痛分娩ができます。無痛分娩は麻酔科医がかかわり、安全を第一に行っています。
妊婦の皆様が当院で「満足なお産」ができ、すこやかなお子様の御誕生を迎えられるようスタッフ一同でお手伝いします。

分娩の予約について


予約の目安:妊娠20週

当院で出産を希望される場合、およそ妊娠20週から23週ごろに分娩予約をお取りします(その時期を過ぎていても可能です)。
里帰り出産を希望の方、他院で妊婦健診を受けていて当院で分娩を希望される方も同様です。
予約に際し予約金のお預かりはいたしません。
分娩予約の際には医師の診察が必要です(妊婦健診時に予約します)。かかりつけ医の紹介状、検査データ、母子手帳、自治体の妊婦健診補助券をお持ち下さい。
なお当院で使用できるのは東京都と川崎市の補助券です。それ以外は自治体ごとに手続きが異なりますので受付にご相談ください。

分娩(無痛分娩・和通分娩)のご案内

【分娩室】

【分娩室】

自然分娩を基本としていますが、希望の方には無痛分娩・和痛分娩を行っています。
出産後は母児同室となりますが、母児の状態に応じて新生児室で赤ちゃんをお預かりします。

無痛分娩

無痛分娩は完全予約制です。予約枠が限られますので、希望される場合担当医にお申し出ください。無痛分娩は麻酔という医療行為で、リスクを伴いますので担当医の説明をよく理解した上で受けて下さい。なお、夜間に陣痛が始まったり破水して分娩が進む場合の無痛分娩は当院では実施していません。
無痛分娩とは?脊椎の間から硬膜外腔というところに細い管を入れ、そこから麻酔薬を持続的に流して痛みを感じさせる神経をブロックすることにより陣痛の痛みを和らげるお産です。まったく痛みがなくなるわけではありませんが、和痛分娩より鎮痛効果が高いです。
無痛分娩の目的とは?麻酔により、産婦さんの痛みを軽減し身体的・精神的負担を軽減します。
産後の回復も早いとされています。
無痛分娩の方法は?計画分娩となります。入院した日に硬膜外の管を挿入します。必要に応じ子宮口を拡げる処置をします。翌日朝から分娩室にて、陣痛促進剤を投与しながら陣痛が始まったら管から麻酔薬を注入します。分娩進行や産婦さん・胎児の観察を行いながら、痛みが強くなってきた時には麻酔薬を増量・追加投与します。出産が終わったら硬膜外の管を抜去します。
副作用はありますか?麻酔薬を使用し陣痛を痛みとして感じにくくなりますので、微弱陣痛による吸引分娩などが必要になることがあります。
硬膜外麻酔による影響として
 ・麻酔の片効き
 ・足の力がはいりづらい
 ・尿がだしづらい
といったことが起こることがあります。

また麻酔薬の副作用として
 ・局所麻酔中毒(けいれんや呼吸抑制など)
 ・発熱、かゆみ
 ・神経損傷
 ・低血圧
 ・胎児一過性徐脈
 ・全脊髄くも膜下麻酔(呼吸停止、低血圧や意識消失など)
が生じる可能性があります。
費用は?自費診療として通常の分娩入院費用のほかに85,000円がかかります(分娩前検査費含む)。
入院から分娩までに2日以上を要する場合、入院費として別途約5万円×超過日数分の費用がかかります。

和痛分娩

陣痛開始後、陣痛のピークのタイミングで麻酔薬投与を行って陣痛による苦痛を和らげるお産です。
和痛分娩とは何?陣痛による苦痛を軽減する方法であり、産婦さんの肉体的苦痛のみならず精神的負担も緩和させる分娩方法です。無痛分娩のようなカテーテル留置が必要ありません。
和痛分娩の目的とは?産婦さんの分娩をスムーズにし、分娩後も産褥が順調に経過することを目的とします。
和痛分娩の方法は?陣痛開始後、陣痛の最もピークとなる時点において、筋肉注射により鎮痛薬を投与します。薬剤投与後は観察を続け、効果によっては鎮痛薬を追加投与します。
副作用はありますか?稀ですが妊婦さんの嘔気嘔吐や呼吸抑制、新生児の傾眠などが生じることがあります。
費用:自費診療として通常の分娩入院費用のほかに約22,000円がかかります。

ご家族の分娩立ち会い

当院での立会い分娩は、パパの立ち会いのほか、ご家族やお子様の立ち会いも可能です。中学生以上のお子様は付き添い不要、中学生未満のお子様はご家族の付き添いがあれば立ち会い可能です。
出生直後から、写真撮影やビデオの撮影は可能です。分娩中の撮影はご遠慮ください。
母児の状態が安定していれば、分娩室で直接母乳を吸わせたりして母乳栄養の確立や母児早期接触につとめています。
※当面の間、中止させて頂いております。

産科の取り組み

母親学級

【母親学級の様子】

【母親学級の様子】

参加料:無料
当院で出産予定の方が対象ですが、里帰り出産の方なども参加可能です。

※当面の間母親学級はお休みさせていただきます。再開する際にはまたホームページ等でご案内いたします。
初期
(16週~20週)
  • 産科医師、薬剤師、助産師からの指導
  • 妊娠初期の過ごし方、マイナートラブルについて
  • 病棟見学
中期
(24週~28週)
  • 小児科医師、栄養士、助産師からの指導
  • 分娩後の育児などを具体的にイメージできるような指導を行います
  • お産の準備について
後期
(30週~34週)
(パパも参加できます)
  • 助産師からの指導
  • 分娩の進行のこと、入院中の過ごし方など
  • お産で入院の際に必要なものの確認
  • イメージェリ(イメージしながらのリラックス法)

助産外来

助産外来では、助産師が外来で妊婦さんの主に健康管理や生活習慣や分娩後の授乳などについて時間をかけてお話を伺い、アドバイスをさせて頂く外来です。
希望の方に妊娠中の乳房ケアも行います。
医師による妊婦健診の合間に、全妊娠期間中2~3回ほど行っています。助産師による超音波も実施しています。パパや上のお子さんと一緒にご覧いただけます。御家族で赤ちゃんを実感していただけるステキな時間にしてみませんか?

詳細はこちらもご覧ください。

3D・4Dエコー外来のご案内

当院で胎児の体や顔が立体的に映る、3D・4Dエコーを行っています。
妊娠週数が早い場合は赤ちゃんの体全体が見えます。週数が大きい場合、顔の描出が困難な場合があります。動画を希望の方はデジタルカメラやビデオカメラを持参いただき撮影は可能です。
料金は5300円となります。当院にて妊婦健診を受けている方に限定させていただいております。
ご希望の方は健診の際、担当医もしくはスタッフに声をおかけください。
※通常のエコーと合わせ、当面の間ご家族付添いでの実施は中止とさせていただきます。

マタニティヨガ

稲城市のイベントとして、病院付設のオーエンス健康プラザのスタジオで行っております。
専門のインストラクターがおりますので是非ご参加ください。

詳細はこちらをご覧ください。

病棟・病室のご案内

病棟は病院の6階東になります。出産後は小児科医が赤ちゃんの診察を行い、翌日から母児同室となります。

ご希望により、あるいは状態によっては赤ちゃんを病棟内の新生児室でお預かりすることもあります。

差額ベッド(特別の療養環境の提供) 料金一覧(消費税別)

室番号613615622625626
ベッド数22111
差額料金(円)4,0004,00015,00010,00010,000

【病棟廊下】

【病棟廊下】

【病棟食堂】

【病棟食堂】

入院生活のご案内

分娩に必要な物品は、セットになっているものを入院時にお渡ししています。

沐浴指導

赤ちゃんの沐浴についてはもちろん、退院指導として産後のからだのこと、母乳や育児のことについて助産師が指導しています。沐浴は入院中に1回、予約制で指導のもとママに実施していただきます。帰る前に自分の赤ちゃんで実践できる良い機会となっています。パパにビデオを撮影してもらうこともできます。

お食事

お食事は産科食となります。入院中にお祝い膳を配膳させていただいております。

お祝い膳

産科食

乳房マッサージ指導

入院中は毎日行っており、退院後は予約制で外来にて対応しています。退院後すぐから卒乳までのご相談、乳房マッサージまで対応しています。

ベビーの聴力検査

希望の方に、新生児の聴力検査を行います。検査結果は当院の小児科医師が説明いたします。
費用 : 8,680円(消費税込み)

入院中のご面会について

<ご面会時間>
平  日 : 15時から20時まで
土日祝日 : 13時から20時まで

お子様のご面会について

当院では、出産した方のお子様も面会ができます。
申込書にご記入いただくとともに、お子様が来棟された際に検温をさせていただいています。
ただし、インフルエンザなどの感染症が流行する時期は制限させていただくことがあります。

費用・入院期間のご案内

分娩費用の概算金額

市内在住市外在住
初産婦53万円58万円
経産婦48万円53万円

上記の金額は一般的な経過の方の概算で、入院日数や処置の内容により変化しますので、あくまで目安とお考え下さい。
出産育児一時金の直接払い制度をご利用になりたい方は、外来にてお話を伺い、合意が得られましたらご記入頂く書類がありますので、ご相談ください。
また新型コロナウイルス感染症対策として、当面の間、計画分娩を実施しております。詳しい料金等については医事課入退院係までお問い合わせください。

入院期間

経腟分娩 初産婦6日目退院 経産婦5日目退院(お産の日を0日として)
帝王切開 9日目退院(手術の日を0日として)

「産後ケア入院」のご案内

産後、お母さんの身体の回復と、育児の不安を早期に解消するそのお手伝いとして、産婦人科病棟助産師が中心となり「産後ケア入院」を行っています。
お手伝いの
内容
❤ ママへのお手伝い ❤
  • 乳房マッサージ
  • 乳房トラベル
  • 授乳のお手伝い
  • 沐浴指導
  • 育児相談 etc
❤ 赤ちゃんへのお手伝い ❤
  • 体重・黄疸・排泄チェック
  • 沐浴 etc
対象の方
  • 産後経過が順調なママ(産後3ケ月まで)
  • 出生後、経過が順調な赤ちゃん(生後3ヶ月まで)
*当院分娩後、引き続き入院継続、当院あるいは他院を一度退院後に「産後ケア入院」をご希望の方は、産婦人科病棟までお問合せください。
持ち物書類…母子手帳・健康保険証
❤ ママの日用品 ❤
  • パジャマ(部屋着)
  • 下着
  • パット(出血のある方)
  • アメニティセット
  • スリッパ
  • タオル、バスタオル
※パジャマやアメニティセットのレンタル(有料)もございます。
❤ 赤ちゃんの日用品 ❤
  • おむつ
  • お尻ふき
  • 哺乳瓶と乳首(100ml以上飲む赤ちゃん、アレルギー用ミルク使用の方はご準備ください)
  • 1ヶ月以上の赤ちゃんはベビー衣類
病院設備
  • テレビ、冷蔵庫、洗濯機は有料でご利用いただけます。
  • ドライヤー、授乳クッションの貸出がございます。
  • 病室:個室(料金がかかります)・2人部屋・4人部屋(空床状況で要相談)
休息ご希望の際は、新生児室に赤ちゃんを預け、安心してお休みいただけます。

「産後ケア入院」基本料金

【基本料金】(別途消費税がかかります)
 1日 19,400円(+食費:当院の産科食960円/1食×食数) 
  • 1泊2日であれば38,800円+食費
  •  
  • 双子の場合は、基本料金に+5,000円/日 
  • お母さんだけの場合は、 -5,000円/日 
  • 入院期間・入院時間はご相談に応じます。 
(個室利用の場合は別途個室代が追加となります)

ママが安心できるまで、私たち
助産師・看護師が育児の応援団に
なります!



  お申込み・お問合せは
 ☎稲城市立病院 042-377-0931
   産婦人科病棟(内)6000
   平日9:00~16:00

産後ヨガ

生後6ヶ月までの赤ちゃんとママを対象に産後ヨガを予約制で行っています。病棟助産師指導のもと、ゆっくり体を動かしムリなく心と体をリラックスさせてみませんか?

詳細はこちらをご覧ください。