グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科紹介  > 産婦人科

診療科紹介

産婦人科

稲城市立病院産婦人科は、南多摩地域の総合病院として数多くの婦人科疾患の治療と、分娩をお引き受けしています。総合病院としての総合力を活かし、正常妊娠はもちろん、合併症妊娠も他診療科と連携の上、可能な限り受け入れるようにしています。当院には内視鏡手術の技術認定医が在籍しています。技術認定医とは、腹腔鏡(ふくくうきょう)下手術の手術経験が多く、安全な手術が運営できると学会により認定された医師です。稲城市立病院は、腹腔鏡や子宮鏡を用いた内視鏡手術に特化した診療を行っています。

産科(分娩)に関する詳細はこちらをご覧ください。


医師紹介

氏名役職診療内容及び
専門分野
資格
櫻井 信行産婦人科部長産婦人科一般
内視鏡手術
(腹腔鏡、子宮鏡)
  • 医学博士
  • 慶應義塾大学医学部非常勤講師
  • 日本産科婦人科学会認定 産婦人科指導医
  • 日本臨床細胞学会認定 細胞診専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
  • 日本内視鏡外科学会技術認定医
  • 日本周産期・新生児学会 暫定指導医
  • 母体保護法指定医
井口 蓉子産婦人科医員産婦人科一般
婦人科腫瘍
  • 医学博士
  • 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
二宮 委美産婦人科医員産婦人科一般
腹腔鏡手術
  • 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医
  • 日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
  • 日本内視鏡外科学会技術認定医
井浦 文香産婦人科
非常勤医師
婦人科腫瘍
腹腔鏡手術
  • 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医
  • 日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
  • 日本内視鏡外科学会技術認定医
  • 日本臨床細胞学会認定 細胞診専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
菅 裕佳子産婦人科
非常勤医師
産婦人科一般
  • 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医
樋口 敦彦産婦人科
非常勤医師
産婦人科一般
大石 真希産婦人科専修医産婦人科一般
  • 緩和ケア講習会受講終了
伊東 正昭産婦人科顧問産婦人科一般
  • 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医
  • 母体保護法指定医
北井 啓勝産婦人科顧問産婦人科一般
不妊症相談
  • 医学博士
  • 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医
  • 日本生殖医学会認定 生殖医療専門医
  • 母体保護法指定医
  • 日本医師会認定産業医

診療内容・対象疾患

1.内視鏡手術

稲城市立病院の婦人科では、内視鏡手術を積極的に行っています。櫻井信行産婦人科部長および二宮委美医員は日本産科婦人科内視鏡学会ならびに日本内視鏡外科学会の技術認定医です。レベルの高い、安全な腹腔鏡下手術および子宮鏡下手術を提供いたします。
適応となる疾患は卵巣嚢腫、子宮筋腫などの良性疾患のほか、異所性妊娠(子宮外妊娠)や 不妊症の検査としての腹腔鏡手術にも対応します。子宮粘膜下筋腫・内膜ポリープなどについては子宮鏡により手術を行います。
当院にはフルハイビジョンの腹腔鏡手術システムおよび、3D(三次元)のシステムが備えられています。3Dの手術は、術者が立体感や奥行きを感じながら手術をすることができるため、安全な手術が可能です。フルハイビジョンのシステムは画像が極めて鮮明なため、開腹手術よりも腹腔内が精細に観察可能です。
当院での婦人科内視鏡手術について、さらに詳しくお知りになりたい方や、手術を受ける予定になっている方はこちらをご覧ください。

2.悪性腫瘍(がん)

婦人科悪性腫瘍については、手術療法、抗癌剤による化学療法、放射線治療による集学的治療をおこなっています。難易度の高い手術については、当院は慶應義塾大学医学部産婦人科の連携施設であるため、慶應義塾大学病院やその関連施設の婦人科腫瘍専門医を招聘して行います。
子宮頸がんの前癌状態である異形成や、ごく初期の子宮頸がんについては子宮を温存し頸部のみを切除する円錐切除術を行います。CO2レーザーや超音波凝固切開装置を用いることで、出血の少ない手術が受けられます。また、中等度異形成から高度異形成の一部については、病変を切らずにCO2レーザーを照射することにより病変を蒸散する治療も行います。この手術は、術後に妊娠した場合の流産・早産リスクを上昇させないことが医学的に証明されており、極めて侵襲性の低い治療です。
緩和医療は定期的なカンファレンスを開催し医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカーなどが情報を共有し治療にあたるとともに、必要に応じて院内緩和ケア回診を実施します。

3.不妊症

当院の北井啓勝 産科顧問は日本生殖医学会認定 生殖医療専門医であり、不妊症相談外来を行っております。不妊治療をお考えの方は、一度受診していただければ、ご相談に応じます。
当院での不妊治療は、不妊症の検査、子宮卵管造影などを行って不妊症の原因を検索し、必要に応じて人工授精までの不妊治療を行います。原因によっては腹腔鏡下手術や子宮鏡下手術を実施いたします。体外受精・顕微授精などの高度不妊治療が必要な場合は、提携施設をご紹介いたします。

4.女性医療

40歳を過ぎる頃から、卵巣機能の低下にともなう更年期障害などの症状がみられる場合、当院ではホルモン補充療法のほか、漢方薬による治療を行うことが可能です。また、以前よりRokitansky症候群に対する治療も行っており、高い評価を得ております。
腟から子宮や膀胱、直腸が下降してきて違和感を覚えたり、不正性器出血を来したりする状態を骨盤臓器脱といいます。骨盤臓器脱は、腟にペッサリーというリン グ状の医療器具を挿入する治療を行いますが、患者様の状態により、手術を行うこともあります。手術療法を行う場合、腟式に子宮全摘出を行ったのち腟壁の形成を行う手術や、メッシュを埋め込む手術が行われることがあります。

診療実績(2016年)

分娩

正常分娩372件骨盤位分娩0件
吸引分娩35件帝王切開139件
鉗子分娩0件死産(含胎内死亡)2件
合計(22週以降)548件

産科手術

帝王切開術139件異所性妊娠手術(腹腔鏡)6件
頸管縫縮術2件産褥子宮全摘術(開腹)0件
子宮内容除去術47件子宮動脈塞栓術1件
異所性妊娠手術(開腹)0件産科手術その他
1件
合計196件

婦人科手術

開腹手術腹式単純子宮全摘(± 付属器切除)14件
子宮筋腫核出術0件
付属器切除術0件
卵巣嚢腫摘出術0件
腟式手術膣式単純子宮全摘術0件
膣式単純子宮全摘術+膣壁形成術4件(2件は腟壁形成のみ)
膣閉鎖術4件
バルトリン腺嚢胞開窓術、嚢腫切除術3件
腹腔鏡手術子宮全摘出術62件
子宮筋腫核出術31件
卵巣嚢腫摘出/付属器切除術66件
腹腔鏡手術その他8件
造腟術1件
子宮悪性腫瘍手術0件
子宮鏡手術子宮筋腫摘出術15件
内膜ポリープ摘出術22件
内膜焼灼術1件
悪性腫瘍手術広汎子宮全摘出術(±付属器切除術)0件
準広汎子宮全摘出術(±付属器切除術)2件
腹式単純子宮全摘出術(±付属器切除術)6件
腹式単純子宮全摘出術(±付属器切除術)+骨盤リンパ節郭清0件
腹式単純子宮全摘出術(±付属器切除術)+
骨盤リンパ節郭清+傍大動脈リンパ節郭清
1件
子宮腟部円錐切除術(CINを含む)27件
子宮腟部焼灼術・蒸散術(CINを含む)7件
付属器切除術1件
試験開腹1件
腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術0件
婦人科その他 10件
婦人科領域合計286件

不妊症

人工授精54件
子宮卵管造影検査44件
体外受精0件
顕微授精0件

臨床研究についてのお知らせ

現在、当院産婦人科では、日本産科婦人科学会と共同で実施している臨床研究:日本産科婦人科学会データベース登録事業のために当院で保管する診療情報を提供しています。

1. 情報の利用目的および利用方法(他の機関へ提供される場合はその方法を含む。)
 本邦における産婦人科領域の診療の現状(妊娠、分娩、不妊、悪性腫瘍など)を把握することで、さまざまな課題を抽出し、より良い産婦人科医療に反映することを目的として、日本産科婦人科学会ではデータベース登録事業を行っています。診療記録から抽出された情報を匿名化し、誰の情報かわからないようにしたうえで、WEBまたは郵送にて日本産科婦人科学会に提供しています。日本産科婦人科学会でデータの統計解析を行い、その結果を日本産科婦人科学会雑誌や日本産科婦人科学会ホームページに掲載しています。また、研究代表者を日本産科婦人科学会会員が務めており、かつ日本産科婦人科学会が審査を行い承認された臨床研究に対しては、データが提供(二次利用)されることもあります。

2. 利用し、または提供する情報の項目
 現在当院で日本産科婦人科学会にデータを登録しているのは婦人科腫瘍領域となります。
患者さんの年齢、疾患名、治療開始日、進行期分類(FIGO分類およびTNM分類)、組織分類、局所進展、所属リンパ節転移、遠隔転移、治療内容と手術術式、予後について登録しています。

3. 利用する者の範囲
 主に日本産科婦人科学会がデータを利用します。また、日本産科婦人科学会で審査を行い、承認された臨床研究に二次利用されることがあります。その際には、二次利用先の情報は、日本産科婦人科学会のホームページに掲載されますので、そちらをご参照下さい。

4. 情報の管理について責任を有する者の氏名又は名称
日本産科婦人科学会 理事長 藤井 知行
事務局
TEL: 03-5524-6900
FAX: 03-5524-6911
E-mail: nissanfu@jsog.or.jp

5. 本研究の対象になると思われる方、またはその代理人の方が「この研究課題に対して利用・提供してほしくない」と思われた場合は、研究対象者が識別されるような診療情報の提供を停止することができます。その場合は、下記へお問い合わせください。
より多くの情報を収集、解析することで、データベースの正確性が向上し、有益な知見が得られることが期待されます。今後の産婦人科医療の発展のためにも、1人でも多くの皆様のご協力をお願いいたします。

【問合せ先】
稲城市立病院産婦人科 (042)377-0931