グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 職員募集  > 研修医募集

職員募集

研修医募集

平成29年度採用 初期臨床研修医を募集します。


目標・PR

 当院は必要とされる医師を育てることを目標に研修を実施します。
 当院は、地域に密着した公立病院ですので、日常診療で遭遇する頻度の高い症状・疾患を中心に、一般臨床医としてプライマリーケアを行うために必要な基礎的知識・技術を身につけるよう研修を行っていただきます。
 初期臨床研修医は、入院患者の担当医となり、主治医とともに診断から参加し、治療そして退院までの一連の医療を研修していただきますが、その中で上級医の下、できうる検査・治療手技そして患者への医師としての対応を、研修・実践していただきます。
救急患者では、初期診断から治療・基本的な手技を、上級医の下にできるだけ積極的に行っていただき、また、どのような病態が緊急手術の適応があるのかの判断を身につけていただけるように研修していただきます。
 病態の基本的な知識、個々の患者に応じた治療方針等も、上級医の指導および各科カンファレンス等で身につけていただきます。
 外科系の研修では、手術にもできるだけ参加していただき、できうる手技に関しては、指導の下、施行していただきます。自分の目で診断し、自分で加療に参加し、体得していただきたいと考えています。
 研修を通じて種々の疾病・外傷に対する初期診療を適切に遂行する能力が身につくようにします。地域に密着した病院ですので、様々な病態を経験することが可能と思われます。
 研修医の皆さんが新しい研修環境の中で臨床の実力を身につけていただければ幸いです。
    
                               プログラム責任者 
                                副院長(外科)  齋藤 淳一

研修医から

平成27年4月より稲城市立病院の初期臨床研修医として勤めさせていただいています長岡と申します。
まだまだ未熟な点ばかりですが、上級医の先生方・スタッフの皆様に支えていただき、やっと環境に慣れてきた今日この頃です。
当院の初期臨床研修の良さは、①各科の垣根が低く相談しやすい ②手技が多い ③救急当直で最初の問診・身体診察ができる ④公園・緑が多い などがあげられると思います。
また、地域密着型の病院であり、高齢化がますます進んでいる現在、病院はどのような存在であるかを考えられる大変良い環境ではないかと思います。
研修医が2名なので最初は環境に馴染んでいけるか大変不安でしたが、先生方・スタッフの方々が本当にやさしく、今ではそういった心配は皆無で研修生活を送っています。
当院のマッチングは個人に合わせて面接日程を決めるので、見学に来る時期が遅すぎる、早すぎるといった心配はありません。
当院に少しでも興味がある方は、一度見学にいらして頂ければと思います。お待ちしています。

応募資格

第111回医師国家試験を受験する方、または医師国家試験免許取得後2年以内の方。
ただし、平成28年度医師臨床研修マッチングに参加登録をした方で、原則として40歳以下の方。

応募方法

次の書類を添えて、郵送または持参してお申し込みください。
  1. 採用試験申込書兼履歴書(当院所定のもの)
  2. 卒業(見込)証明書または医師免許免許証の写し
  3. 成績証明書
  4. 小論文「理想とする医師像」(1200字程度)

採用試験申込書兼履歴書・原稿用紙


募集期間

平成28年7月1日(金)~8月31日(水)

選考日および選考方法等

  1. 選考日:未定(後日お知らせします)
  2. 選考人員:29年度 2名
  3. 選考方法:小論文(事前提出)、および面接試験
  4. 選考結果:マッチングの結果を受けて、本人宛に通知します。

 *医師臨床研修マッチング協議会の平成28年度研修医マッチングに参加します。

身分および処遇等

  1. 研修期間:平成29年4月1日から2年間
  2. 身分:稲城市立病院非常勤職員
  3. 給与:300,000円/月
  4. 手当:通勤手当、当直手当20,000円/回
  5. 保険等:健康保険、厚生年金、雇用保険、労働災害保険
  6. 健康診断:年2回

*アルバイトは認められません。

応募・お問合せ

〒206-0801 東京都稲城市大丸1171番地
   稲城市立病院 管理課 庶務係
   電話:042-377-0931(内線3220)
   info@hospital.inagi.tokyo.jp  
病院見学随時受付けしています。

*お電話かメールでお問い合わせください。

稲城市立病院初期臨床研修プログラムのご紹介です。