グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 人間ドック  > 人間ドックとは

人間ドックとは

『人間ドック』という言葉は、そもそも「船のドック入り」に由来しています。
それは、現在活躍している船でも定期的にドック入りして点検整備をして、次の航海に備えるということです。私達人間も、いつまでも健康な体でありたいと思っています。健康な体であることは、本人はもとより、家族にとっても大変幸せなことです。

私達の体というものは、何も異常がないと思っていても、外観と気持ちだけでは、健康であると判断できません。そこで、病気にかからなくても定期的に、あなたの体に病気があるか、ないかを見つけ出すための検査をすることが大切となってきます。
つまり、各種の検査をして、そのデータをもとに体のどこかに異常があるかどうかを調べることが「人間ドック」なのです。

その結果「異常ありません」という判定を得た時には、あなたにとっても大きな自信となることでしょう。
そして、何よりも家族へのすばらしいプレゼントになりましょう。

また、万が一「異常を認めます」と判定されましても、それは直ちに病気であるというわけではなく、病気の早期発見、ひいては早期治療の手だてとなります。
成人病の多くは発見されても完治の難しい病気ですが、本人の努力により病気が軽快したり、進行を抑えられる場合があります。

ぜひ、あなたの人生計画に、一年に1回の「人間ドック」を組み入れられ健康の保持に役立てていただきたいと思います。


受診の目的

1.現在の健康状態の把握

2.病気の早期発見・予防

  1. 大した自覚症状が無く、少しずつ進行してある時を境に元の健康な状態には戻らない病気
  2. 早期に発見して治療を開始しないと命を脅かす可能性のある病気
  3. 生活習慣を変えるなどすると、発症の確率を減らすことのできる病気

3.健康寿命を延ばす

1. 足腰の健康 2. 内臓の健康 3. 脳の健康