グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 人間ドック  > 注意事項

注意事項

次の場合にはご受診者様ご自身でお早めにお手続き又は当センターまでご連絡ください。

  • ご受診日や健診内容のご変更又はキャンセル
  • オプション検査を追加、変更される場合(受診日当日には追加できない場合がございます)

  • CT検査やMRI検査が含まれるコースを受診されるご予定の方で、心臓ペースメーカーや脳動脈クリップ、骨折治療のための金属等が体内に挿入されていることをお申し出になられていない方
    (あらかじめ治療をご担当された医療機関の医師に当センターの受診予定についてご相談下さることをお願いいたします。安全のため検査方法の変更が必要になる場合や検査ができない場合がございます。)

  • 薬や食物に対するアレルギー(過敏)や吸引、接触によるアレルギー(過敏)の体質の方
    当センターのお食事に含まれるアレルゲン(アレルギー反応を起こす可能性のある物質)はこちら

  • 現在、何らかのご病気等により服薬治療中の方でご自身の服用されているお薬の目的(効能)がご不明の方はご担当の医師にご確認していただき、当センターの受診に際して服用の中止(休薬)が可能かお尋ねください。
    特に糖尿病や高血圧のお薬をご使用中の方はご注意が必要です。必ずご担当の医師にご相談ください。ご受診内容(特に特定健診など)によりお薬の服用目的についてお尋ねさせていただく場合がございます。なお、血液のかたまり(血栓)が出来るのを予防するお薬や血液を流れやすくするお薬を服用されている方におかれましては、胃カメラの際の生検(組織を採取して悪性か否かの検査をすること)や経鼻での胃カメラについて、原則として実施させていただいておりません。血液のかたまりが出来るのを防ぐためのお薬を中止した場合に生じる脳梗塞や心筋梗塞の危険性と健康診断で行う胃カメラの必要性を比較した場合に前者の危険性がご受診者様に与える著しい健康被害であると考えております。

  • 車椅子をお使いの方、目や耳に障害のある方はお申し出ください。
    また、お付添いのご同行の有無や当センタースタッフのお手伝いについてなどお聞かせください。

  • 日本語での会話が困難な方は、日本語での会話ができるお付添いの方のご同行をお願い申し上げます。
    その場合、ご受診予定の検査内容によりご受診者様と同姓の方のお付添いをお願いすることがございます。

  • 原則としてご受診の際にお子様のお預かりはいたしておりません。ご受診様お一人で目を離すことのできないお子様とご一緒のご受診はお控えくださるようお願い申し上げます。どなたか、お付添いの方のご同行をお願い申し上げます。


受診日前日までのお願い

  • 受診日前日は激しい運動はお控えください。

胃バリウム検査、胃カメラ検査、腹部エコーを含むコースをお申し込みの方

  • 受診日前日の夕食は、脂肪分の少ない消化の良いものにして、過度の飲酒はお控えください。
    また、夜9時00分以降のお食事やお飲物は控えていただきます。
    ただし、お水や白湯はその限りではありません。(水分補給はお水か白湯にしてください)

大腸がん検査(便潜血検査)をお申し込みの方

  • 正確な検査にはできるだけ新しい便を必要とします。便は受診日直近(最長4日前から受診日当日)の
    2日分 (必ず別の日のもの) を、採取容器に同封の説明書に従って採取してください。
  • 採取後の便は必ず、冷暗所にて保管してください。

受診日当日のお願い

  • 午前中受診予定の方は朝食を抜いていただきます。
  • 午後(13時以降)受診予定の方の朝食は、7時までに繊維質や脂肪分、ほとんど固形物の無い消化の良いスープなどをお召し上がりください。
  • 起床後、ご自宅やご宿泊先から当センターでの検査終了まで、職員の指示があるまでガム、飴、お煙草を含み飲食は一切お控えください。ただし血圧のお薬などは受付予定時間の2時間前までにコップ1杯程度のお水又は白湯で服用してください。
  • 日帰り人間ドックコース及び1泊2日人間ドックコースをご受診の方には昼食などをご用意しております。
  • MRI検査を受けられる方で、治療目的の貼り薬をご使用の方は、いったん、はがしていただくので予備の貼り薬を必ずお持ちください。
  • 各種検査を行う順序にご要望のある方は受付の際にお申し出ください。
  • オプション検査の追加や変更等は受付の際にお申し出ください。内容によって看護師や医師が対応させていただきます。混雑状況や検査前準備の都合上ご受診日には対応できかねる場合がございます。
お持物
保険証お持ちの方はご持参ください。保健診療が発生した場合に必要になります。
診察券初めてご利用の方は当センターでご用意させていただいております。
各種受診券・利用券ご受診内容により必要になります。お忘れの場合、ご受診をお断りすることがあります。
各種問診票あらかじめご記入くださるようお願い申し上げます。
検体採取容器便、尿、喀痰などの採取をお願いいたします。
メガネ(各ケース)
コンタクトレンズ
ご受診内容によりコンタクトレンズを外していただく場合がございます。
Tシャツ・ソックス必要な方は、薄で、無地、飾りや金具、ボタン、ファスナーの無いTシャツやソックスをお持ちください。
貴重品更衣室に個人用ロッカー、待合フロアに貴重品ロッカーのご用意がございますが防犯上、高価なものや高額の現金等のお持込はご遠慮ください。お持込の場合にはご受診者様ご自身で管理していただくようお願い申し上げます。ご理解とご協力をお願い申し上げます。
手荷物お着替えの必要のない受診内容の方には返却式コインロッカーのご用意もございます。ロッカーに入りきらないお荷物は受付にてお預かりいたします。

血糖、脂質等の採血検査、胃バリウム又は胃カメラ検査、腹部エコー検査等を含むコースを
お申込みの方

  • 検査終了まで絶食をお願いします。
  • 胃カメラ検査を受けられる方は、受診の2時間前にコップ1杯程度のお水かお湯をお取りください。
  • 服薬治療中の方は、主治医にご相談ください。原則として受診の2時間前までに普段どおり服用していただいてかまいませんが、糖尿病の治療中の方などは必ず主治医にご相談ください。(栄養剤等は服用をご中止ください)

なお、胃カメラ検査のある方は特別の注意がありますので詳細はそちらをご確認ください。
ご不明な点は普段おかかりの主治医にご相談ください。

ご自宅での検体採取の必要な方

  • 喀痰、採尿、採便容器の同封されていた方は、採取容器に同封の説明書に従って採取してください。尿は採取後3時間以内のものをご提出ください。超過した場合にはお申し出ください。
  • 採取された検体は受付時にご提出ください。採取できなかった場合、採取方法がよく解らなかった場合には受付の際にお申し出ください。

尿検査(採尿容器の同封されていた方を除く)及び腹部エコー検査(上腹部のみを除く)、
前立腺エコー検査を含むコースをお申し込みの方

  • できるだけ受付後に尿の取れる状態でお越しください。

お越しの際の服装等について

  • 診察や一部の検査(MRI検査や胃カメラ検査)の妨げになりますので、受診時にはお化粧(特に口紅、マスカラ、アイライン、マニキュア)はされないようお願い申し上げます。ネックレスなどのアクセサリーもはずしていただきます。ただし、お申し込みのコースによって問題ない場合もございます。ご不明の点がございましたらお問い合わせください。
  • できるだけ脱ぎ着しやすい服装でお越しください。女性の方のボディスーツ、矯正下着は健診には不向きです。
  • 人間ドックコース及び胃バリウム検査等を含むコースをお申し込みの方(必要によりマンモグラフィーご受診の方など)は、上半身裸になり健診着にお着替え頂きます。その場合、または胸部X線検査に際しても、金具の付いていない無地の白、もしくは薄い色の綿シャツなら着用されていてもかまいませんのでこちらのご用意をおすすめいたします。当センターでもご用意いたしておりますが数に限りがございます。
  • 当センター内は空調設備により室温を調整しておりますが、ガウンのご用意もございます。ご入用の方はお申し付けください。また、待合各所にはひざ掛けもご用意しております。ご自由にお使いください。
  • 履物のご用意はございません(人間ドックコースお申込みの方を除く)ので、履き慣れた脱ぎ履きし易い靴等でお越しください。受診時にはハイヒールや紐で結ぶタイプのお履物はご遠慮ください。ストッキング等は脱いでいただきますが、ソックスは履いたままでかまいません。当センターにもソックスをご用意させていただいておりますが数に限りがございます。検査によって素足になって頂く場合がございます。受診時にはすぐに脱ぐことのできるご用意をお願いいたします。

お車等でお越しの方へのお願い

  • 駐車場(5時間30分までは200円、人間ドックをお申込みの方は無料)がございますが台数に限りがございます。
    また、早朝の受付時は混雑が予想されます。できるだけ公共の交通機関でお越しください。
  • 胃カメラ検査を含むコースをお申し込みの方は検査時の麻酔の効果や持続時間に個人差がございます。
    検査後、数時間運転を控えていただく場合がございます。

女性の方へのお願い

  • 生理日が健診日と重なる方は、乳がん検診・子宮がん検診・尿検査・便潜血検査等の実施が適当でない場合ございます。電話等で受診予定日変更等のお申し出やご相談をしていただくようお願い申し上げます。
  • 原則として妊娠中又は妊娠の可能性のある方には、X線検査及び乳がん・子宮がん検査は行っておりません。
  • 子宮がん検診を受けられる方は、検査後血液のついたおりものが数日みられる場合がありますので、ナプキンをご準備ください。